読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新20ドル札に黒人女性、米紙幣120年ぶりの女性起用

*記事リンク
www.asahi.com

**記事要約
財務省は4月20日、新たな20ドル紙幣の肖像画に、自らも奴隷出身で南北戦争前に南部の奴隷州の黒人を救った黒人女性ハリエット・タブマンを起用すると発表した。米国紙幣に女性の肖像画が使われるのは、初代大統領夫人マーサ・ワシントン以来、約120年ぶりだという。新紙幣のデザインは、女性の参政権憲法で認められて100周年となる2020年に公表される。

**疑問
米紙幣のデザインに奴隷出身の黒人女性を起用した意図はなんであろうか?

**考え・主張
この記事を見ると、昔の黒人が差別されていた時代に比べ、今の時代はかなり差別が無くなったのではないかと思う。どういう意図で新ドル札のデザインに黒人女性を起用したかは知らないが、このような動きは人種差別が減っている印象を受けるので素晴らしいと思う。

**その他

特になし。